読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マフィンと猫と開店日和

マフィン屋店主の日々と周辺の記録

千葉と和紙と人間力大賞

f:id:pennennolde:20160622131427j:image

チーバくん!可愛い!

f:id:pennennolde:20160622131602j:image

北海道のノースマン的パイ。パッケージも可愛い!

 

千葉から祖母が来札☆

山猫バルでごはん食べました。

お店でかかる音楽が、自分のiPod かと思うくらいかぶってて面白かったです☆

cero、奇妙くん、ハナレグミ…まだあったなぁ、オザケン…?

心地よい、美味しく楽しい夜でした☆

 

そんな千葉の風に乗り、千葉好き富山在住の友人から素敵な一報が。

人間力大賞」ファイナリストに選出されたそうです☆
http://www.jaycee.or.jp/ningenryokutaisyo/enquete/index.php

30回もやってたんですね…初めて知りました…スンマヘン。。。

友人、川原くんは和紙職人です。

400年の歴史がある蛭谷和紙(びるだんわし)の最後の継承者。

なんてきれいに書きましたが…本人にとっては決してきれいな道のりではなく。

彼は和紙の原料となる楮とトロロアオイを自ら栽培し、収穫し、加工しています。

一年のほとんどがこの作業。

肝心の和紙を漉く作業は、冬の時期だけ。

和紙を漉く作業ばかり取り上げられがちですが、彼にとっては一年全てが和紙作り。

この作業を1人で続けてきたのです。

生活費を稼げず休業したこともあるし

思うことと地域の人々が思うことが違い過ぎて悩んでもいました。

彼の和紙を漉く技術は、人間国宝の技術に並ぶくらいです。

いいものだから、売れるわけではない。

伝統だから守ればいいわけではない。

守られた時点で、進化はない。

言葉の重みが違います…。

今彼は仲間が増えて、畑の拡張もして楮も順調に育っているそうです☆

思い描いていたことが、少しずつ実現しております。

大事なのは、5年後10年後の自分のために、今何をすべきか。

どんな場面でも決して後退を考えない、彼らしい言葉です。

彼の和紙は受注生産のみ。そこをなんとか…!と今ワガママを言っているところです☆

来年、彼の和紙をご紹介出来るかもしれません。

ぜひ実物を見て欲しい!

そして、この文章をここまで読んでくれた方はもう一心同体と見た。(え。

人間力大賞、再浮上。

サイトから川原くんに清き一票を☆

ぜひ☆彼に大賞を☆

よろしくお願いいたします!

 

彼が千葉好きなのは、千葉のサッカー強豪校でサッカーやってたからです☆