読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マフィンと猫と開店日和

マフィン屋店主の日々と周辺の記録

メロウデュからの、DIMENSION。

10日から14日までマフィン屋、春休みをいただきます。

f:id:pennennolde:20170409142725j:image

「探し当てるのは 流れをかえず 流れていく河

 そこに逢える場所が まなざし背にした君に宿る」

佐藤竹善 CHOICE

征くぞ釧路川ぁぁぁ。

当たり前の景色が美しいと気づいたとき、心がふわっと軽やかになる。

 

メロウデュのラジオ番組のゲストがDIMENSIONの勝田さんだった。

とカオリさんのインスタで知る。

ひゃー!

かれこれ20年前、DIMENSIONのアルバムを買ったことを思い出しました。

に、20年前…!ひゃー!

田舎町の、本とCDが一緒に売られてるお店。売れ筋の商品しか置かないだろう店の試聴コーナーで、9th DIMENSIONが置かれていました。

店員さんの気概を感じた気がしました。

小学生のとき、クラスで使う曲を選ぶ場面で、圧倒的多数がジャニーズの曲を支持しました。

オフコース育ちのわたしはうーんと思いつつ、しかし普通の子供はアイドルが好きなんだろう。と多数に流されることも仕方なしと思っていました。

しかし、ある男の子がたった1人で嫌だ、と声を上げました。

すると1人の女の子も、流行りの曲じゃないのがいい、と言い出しました。

ざわつく教室。

他に反対の人はいるか、と先生が言いました。

心臓が飛び出るくらいの勇気を出して、わたしは手を挙げました。

3対30の勝ち目のない戦い。

結局ジャニーズになったんですけどね。

流行りか、流行りじゃないか、実は議論がありました。

意外な展開に先生が時間を割いてくれて、話し合いの末にジャニーズになりました。

世の中で受け入れられている音楽が優先されるわけではなく、様々な嗜好、多様性があって、優越はない。様々に寛容でないといけない。

 

あの時DIMENSIONを知る人は周りにいなくて、アルバムを買ったことも言わず、薦めることもなく、ただ手元にありました。

久しぶりに聴いてみよう。

店員さんの気概も、男の子の気概も、思い出させてくれてありがとう、カオリさん。