読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マフィンと猫と開店日和

マフィン屋店主の日々と周辺の記録

いつも傍に、流れるもの。

秋、千歳川

とても綺麗な川です。

f:id:pennennolde:20161014205548j:image

川に浮かぶって不思議。なんとも言えない気持ち良さ。

釧路川に浮かんだことはないのに、釧路川みたいだと思った。

初めてなのに、何もかもが懐かしかった。

センチメンタルでノスタルジックなのは秋のせいだろか。

 

秋の景色は、冬に下った京都・保津川を思い出させた。

 

思い出すと、わたしの暮らしにはいつも、傍には川が流れている。

釧路川の傍に暮らし

母に誘われたサイクリングのゴールは岩保木水門。

子供心にあまりテンションが上がらない遊びのルートを何度も連れられた。

中標津での暮らしは、標津川の傍。

レンジライフへ川沿いの遊歩道を歩いて遊びに行っていた。

羊蹄山麓の暮らしは、尻別川の傍。

部屋のカーテン開けたら羊蹄山。山にかかる雲で天気予想する暮らしぶりを、横浜の友人はハイジと呼んだ。

 

今は湖の傍に。

そこは、千歳川の源。

 

よどみなく流れていくように

まだ、止まってはいけないよと言われていたみたい。

ここから始まる、この場所に来るまで。

 

思い出はいつも、いつまでも綺麗なまま。

「いま」が追いつくことは出来るのだろうか。

この川をどこまで流れたら。

 

電池切れで写真を撮れなかった。

「写真機は要らないわ

   五感を持ってお出で」

ということかなあ。

林檎ちゃん。

「私は今しか知らない

   貴方の今に閃きたい」