読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マフィンと猫と開店日和

マフィン屋店主の日々と周辺の記録

春の嵐と道東周遊記②

春に体調崩す人が多いように、天気も乱れがちな春ですね。

冬と春が1日で入れ替わるのは、この時期の北国ならではなのかなあ。

f:id:pennennolde:20170419124134j:image

旅行中もずっと風が強くて危ぶまれた釧路川カヌー。

当日、奇跡的に風が止んだ…!

屈斜路湖が絶景ーー!!と近付くと、鏡の湖面を乱す団体出現……

無風の屈斜路湖なんて初めてだったのにいいー。

f:id:pennennolde:20170419124815j:image

それはそれは、きれいでした。

 

ここからもう少し移動したところにある「SOMOKUYA」

今回こちらのガイドさんにお世話になりましたよ〜。

f:id:pennennolde:20170419131521j:image

最初は湖で氷と遊び、釧路川に入ると少し風が。

南風は向かい風。漕いでるけど、流される〜

f:id:pennennolde:20170419132626j:image

水が緑色の理由。支笏湖が青い理由を調べたときに学びました。

浅い水深では光が全て吸収されず、吸収されなかった光が底に反射して空中に戻るときに緑に見える、ような。…確か。ええ。

支笏湖千歳川に入ると緑になりますよ。

全ては光の吸収スペクトル…!(←わかってない)

f:id:pennennolde:20170419135021j:image

ジブリっぽい。

昨年秋に千歳川を下ったときに、きっと釧路川も似てるとなぜか思いました。

実際に下ってみると、似てると言うのは少し違うような。

思い出す、に近いかもしれません。

昔ずっと近くにあった川を、原野を。

匂いほど強烈な記憶のスイッチはないのかもしれません。

鮭の気持ちがほんの少しわかるような。

昔怖かった雄大な自然は今もやっぱり怖いままで、でも怖いくらい美しいなあと思うのです。

 

お昼に辻谷商店のスープカレー

スパイスって奥深いのだなあ…とっても美味しかったです!

今まで食べたスープカレーの中で一番好きかもしれません。

また食べるには、、、遠いなぁ……。