読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マフィンと猫と開店日和

マフィン屋店主の日々と周辺の記録

Touching souls

f:id:pennennolde:20170319150355j:image

すんばらしい夜でしたっ!

大和田慧ちゃんとメロウデュのライブ。

クリエイティブは特権ではない。

楽しいを、好きを共有する。好奇心に足が動く。

クリエイティブとはそういうことだと思う。

 

クリエイティブな渦にいると、わたしの小さなクリエイティブ魂もうずうずとします。

安達しゃんと過ごした数日もそうでした。

まだ誰にも言えずにいたやりたいことを思わず口にしたとき、

「…やろう!それ、やろうっ!!」

普段柔和な安達しゃんに急に熱が入り、それはわたしの体温も上げてくれました。

おかげでわたしは、すっかりそれが出来る気でいます。

今はまだ、大切に温めているところです。

すぐではないいつか、必ず形にしますのでお楽しみに。楽しいことは間違いないですよ。

 

慧ちゃんがライブで、今まで心に触れてくれた嬉しいこと、悲しいことが自分にとって愛になって、それを曲にしているんだと言って「Touching souls」を歌ってくれました。

うーん、慧ちゃんも安達しゃんも、わたしの心にいつも触れてくれます。

優しく、いつまでも冷めない熱を持った…安達先生にとっての「毛布」のような。

そして支笏湖でカヌーに乗り、2人の心に湖は触れたのだなあ。

支笏湖の話をする2人は、やっぱり熱を持ちます。それはきっと、冷めずに周りの人に伝わって、いつか湖に届くんだろうと思います。

 

「人生はクリエイティブだ

 僕らは湧き上がる好奇心に

 従う勇気をもっているだろうか。

 もっと人と繋がりたい。

 もっと文化に触れたい。

 もっと世界を旅したい。

 もっと自分を信じたい。

 僕らは、凝り固まった心と体をぶち壊し、

 明日をつくっていく力を秘めたアーティストだ。

 あなたの好奇心は何ですか?

 悔いのない今を、一瞬を。」

月極本・YADOKARI「MANIFESTO」より。

わたしもマニフェストに掲げたい。