読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マフィンと猫と開店日和

マフィン屋店主の日々と周辺の記録

12月30日

f:id:pennennolde:20161230111909j:image

ちょうど一年前、カウンターの色を決めていたのでした。

今から塗るぞ、の図。

 

たくさんの人に心配されて(今も)

本人すら心配になっていたマフィン屋オープンの道のり。

心配の種はまだまだ尽きません。

みなさん、これからも心配してくださいね!! ←え!

f:id:pennennolde:20161230121729j:image

恩師にご馳走になりました、忘年寿司。ポーランドの男の子と。

緑茶に砂糖をふんだんに入れる、ヨーロッパのお茶文化に驚きつつ。

自分の当たり前とは、狭い中での話でしかないのだなあ。

f:id:pennennolde:20161230132402j:image

千歳はランチ難民になりやすいわたし。

遅い時間でも美味しいものが食べられるお店発見。

ハンバーグのお店、アルヒコ。

ゴーダチーズが、美味しいっっ。

 

年の瀬も、食べる話ばかりなり。

相変わらずパンを焼き、ハムを仕込み。

気まぐれに菓子を焼き、いつも通りマフィンを焼く。

明日も明後日も、特別な日も普通の日も、変わらずこの日々が続きますように。