読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マフィンと猫と開店日和

マフィン屋店主の日々と周辺の記録

今を生きる

f:id:pennennolde:20161212122507j:image

さすがの道民も真っ青!なツルツル路面の後は

真っ白!な大雪に見舞われた週末。

千歳は雪でも、支笏湖は晴れ。同じ千歳市なのに…支笏湖はなんだか別世界です。

空と山と湖と、雪。

千歳在住のお客さんが今時期の支笏湖が大好きと言っていて、わたしも深く深ーく頷きました。

 

例えば動きたい意思が確かにあって、でも将来の不確かさや裏付ける自信のなさや

自由を妨げる要因というのは、過去の経験と未来の不安だったりするんだよなあと。

生き方の選択という意味では、先にどうありたいかを考えることは有効なのだけど。

「月極本」ではこのことを 幸せの先送り と言っています。

未来の幸せのために今を犠牲にしている、と。

どちらかに偏り過ぎてもいけないんだろうし、今を生きることは思っている以上に難しいのかもしれない。

ヨガを始めたのはきっかけというきっかけもなく、なんとなくの興味だったのだけど

ヨガの先生が

「ヨガには、前も後ろも切り離し今だけを、という考えがある」

と言っていて、ほほう!と思いました。

だからヨガだったのか、わたし。

今は雑念だらけのヨガポーズも、いつか呼吸のように流れるポーズに。

今だけに集中出来たとき、人は一番生き生きと出来る。

 

ツルツル路面を知らずに呑気に札幌へ行ったわたしは

前後左右の車が滑る中、今このとき最大限集中していた。

確かに、生き生き…していたような。

半ベソ…だったような。