読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マフィンと猫と開店日和

マフィン屋店主の日々と周辺の記録

北海道おつまみ缶バッヂと自由帳

f:id:pennennolde:20160730133723j:image

f:id:pennennolde:20160730133745j:image

f:id:pennennolde:20160730133813j:image

夏の準備、整いました!

この場所で出来る、わたしなりのお土産提案☆

これをお土産でもらったら嬉しい〜と思いませんか!

もしくは自分で使っても良し。

しかし…マフィン目的がこっちに逸れることも。

むむう、そいつはホンマツテントウムシ

 

千歳の花火大会をみんなで見て

わいわいBBQやって

こんな日々を三ヶ月前のわたしは想像も出来なかったなあー。

瓶の蓋を開けられなくて半ベソかいてた午前3時。

高熱でダウンしたときは、孤独死アリエル。と悟りました。

その結果、結婚相談所にあわや登録、というところまで。

あの頃があったから、今があるのかもしれないけれど。

助けてと言ってもいいんだよと

困っていたら、助けてあげたいんだよ と

そんなこと言われたら号泣です。

自分を律しなければ、と泣くたびに反省。

こんな夏があるんだなあと思いました。

今までの夏は修羅というか…記憶がないくらい働いてたなぁ。

でもきっと、それがあるから今があるのです。

 

  毎日が日曜日はつまらない

  ひらがなだけの書物が読みづらいのと一緒。

 

心に留めている言葉。